2018年 明けましておめでとう

category - 日記
2018/ 01/ 01
                 
nenga2018T5_400.jpg
2018年 あけましておめでとうございます。
今年は平成も30年となり、
記念すべき年になろうかと思います。
皆様がこの記念すべき年に飛躍し、
更なる発展をされることを心よりお祈りいたします。

さてさて、
「あくすのページ」も今年はがんばります。
去年は本当に少ししか出来ませんでした。
(それもこれも規制がかけられていたんですよ;)
しかし今年は大丈夫らしいので、
一生懸命ソフト開発に取り組みたいと思います。

と、まぁ堅い話はここまで。
新年は・・・・何からはじめようかな・・・?
遊べそうなんだけど
なんだか遊べなさそうな僕なのでありました。;

それでは皆さん、良いお年を!!!

                         
                                  
        

ART-O Mark2010b 完成!

category - フォルモ2
2017/ 12/ 22
                 
ども。前回は背中のリボンでした。
今回はサフ吹いて色塗って完成・・・なんですが・・;
失敗した
今回はフォルモ2と題したフィギュア、
その完成回なんですが、ぶっちゃけます。
仕上げで失敗しました!!(´;ω;`)
サフ缶を最後まで使いきろうとしたことで
粘土の高いサフが表面にでこぼこを作り、
しかもここ数日忙しく、ペーパー当てる暇もなく
チェックも夜なんで凹凸が見えないという状態。
・・・言い訳はいくらでも出来るんですが、
1年3ヶ月かけた製作のラストで痛恨のミス。
で、なんで色を塗ったのかって?
蛍光灯じゃ良く分からない&疲れてたからです・・・。
年内に完成させたくてがんばりました。(ぉぃ

それでは表面処理を飛ばして塗装編です。
IMG_1550b.jpg 
サフを吹き終わりました。
このときもっと慎重だったら・・・
とにかく必要な表面処理をかなり省略してしまいました。
しかもこのときは気づいてないのです。

IMG_1552.jpg 
各部の塗装です。
肌色、髪の毛と塗り進んできました。
(写真でも黄色い塗装の下地が荒れてるのが分かります。)
ちなみに塗り始めたのは21日朝から。
つまり昨日から今までぶっ続けの作業です。

IMG_1554.jpg 
靴の塗装。
茶色い暗色を先に作り明るい色をドライブラシ。
なかなか皮っぽい質感になりました。
このときは靴表面の粗が隠れたりで
何とかなるかも、と、思ってました・・・。

IMG_1556.jpg 
目の塗装。
ざっと解説します。
まず白目の部分にホワイト。
その後に水色で影のグラデを上から下へ・・・
そしてちょっと乾燥させます。

IMG_1558.jpg 
乾いたら薄い色で下描きします。
まつげの部分にはオレンジみたいな茶色みたいな色で。
瞳の部分は薄い水色で。
目安になる輪郭だけ描きます。

IMG_1560.jpg 
次は瞳の中を塗っていきます。
全体に黄緑色のベース色を。
そして緑色を上部と瞳孔に。
その後瞳の輪郭を描きます。
この作業、ちょっとくらい色が混じったほうがいいので
乾燥時間は特にとってません。

IMG_1562.jpg 
最後に細かい仕上げ塗りをします。
瞳上部や輪郭、暗くなる部分に暗い色を重ねます。
まつげも黒で少しずつ絵を描くように描き足していきます。
眉毛は見えなくなるけど一応描いときました。
うん、左と右で目の表情が違うけど、「顔」になってる。
完成したかどうかの判断基準は
作り手のこういった曖昧な判断ではないかと。


で、すったもんだあって塗装とトップコートが終わり
ベースとかの仕上げも・・・。
・・・ああ、腰が痛い肩が痛い・・・
IMG_1566.jpg 
ベースにデコレートです。
塗装してなかった天板のふちをアクリル絵の具で塗り
上にはパソコンで描いたデザインをペタリ。

IMG_1568.jpg 
そうこうしてすべてのパーツがそろいました。
それでは・・・組んでみます。

IMG_1569.jpg 
かんせ・・・・・い・・・・
出来ました。(ぉぃ
・・・・・なんというかもっさりしてます。
表面の粗もライティングしてて発見。
僕は何をしていたのだ・・・!?
・ ・ ・ しかし出来てしまったものは仕方ない。

以降ライティングを抑えた写真で〈特撮とも言う)
ご覧ください。

IMG_1573.jpg 
横から。
ベースはきれいに出来ました。うん。

IMG_1577.jpg 
いちおうアップで。
粗があちこちに見えます。
しかしお見せしないわけにもいかないので・・・
(つД`)ノ つらい

IMG_1574.jpg 
後姿。
うん!、ちょっとかっこいいぞ!
ちょっとは。
(・・・うーん、首の辺りが不出来かと。)

IMG_1587.jpg 
最後に青がきれいに見えるライティングで。
悪魔が作れというのでネームプレートも。

・・・かくして一年三ヶ月に及ぶ戦いは終結。
途中精神が参ってしまったことも。
作業も本当に少しずつしか出来ませんでした。
出来ればいい完成品で締めたかったのですが・・・

とにかくこのフィギュアは多くの教訓を残してくれました。
・表面処理には時間をかけなくてはならない。
・残り少ないサフを仕上げに吹いてはならない。
皆様も十分お気をつけください。・゚・(つД`)・゚・

とにもかくにも フォルモ その2
ART-O Mark2010bは完成いたしました。
長らくご視聴してくださった皆様、ありがとうございました。
ART-Oはまたそのうち
胸像か何かでリベンジしてみようと思ってます。
たぶん・・・ずっと先のこと。



IMG_1591.jpg 
おまけ。
PIXIVのイラストに似た構図で。
バーボンの瓶が空瓶ですが
悪魔がこれでいいって聞かなかったんですよ。;

ではまた。





                         
                                  
        

背中のリボン・サフ突入

category - フォルモ2
2017/ 11/ 21
                 
ども。前回は胸のプレートでした。
今回は背中のリボンです。
くたくた 
ども。あくすです。
今回は4日にブログ更新したおかげで
広告は表示されませんでした。が・・・・
ここに来てある店舗から出た大量の機械を分解するという
重労働が入りました。
しかも重量があり、3人で運ぶ途中で不名誉の負傷。
左足の親指を挟み、傷む状態が続いています。
普通は機械仕事なんて安全靴履くですけどね。
そこまで知恵が回りませんでした。
幸い患部を見てみたらつめが割れてるわけでもなく
内出血?はがれた?的な良くわかんない状態。
多分大丈夫。・・・たぶん。

それでは粘土。
なんだか最近くたくたです。
IMG_1534.jpg 
さて、
パーツもほぼそろってきました。
残るは1パーツ。
背中のリボンを作れば粘土作業は終了です。

IMG_1535.jpg 
前回、胸のプレートを作る傍ら
リボン用に粘土をこねておきました。
これを削っていきます。

IMG_1538.jpg 
結び目の部分も削る工程もあるんですが、
ここまでブログを追ってる人は
事細やかに説明せずとも分かるはず・・・
なので、
文章節約のためリボンの尻尾で説明です。

IMG_1540.jpg 
リボンの尻尾・・・
こういった布みたいなパーツって
粘土をこねるときに大まかなボリュームを
あらかじめつけておくと後が楽です。
で、
今回は90年代イラスト調のリボンを目指します。
まるでスカートのように風をはらみなびく・・・・
メリハリのあるしわとカッコイイ裾の形状。
・・・こういったときは布というよりも
イラストの形を目指したほうがびしっと決まります。
粘土はだいたいそんな形にひねっておいたので
後はしわと膨らんだところを
流れに沿って彫れば大体OKです。

IMG_1541.jpg 
出来上がるとこんな感じ。
ちょっとヒロイックでカッコつけた感じ。
うん。90年代。\(^o^)/

IMG_1542.jpg 
リボンの蝶々、結び目の部分も
それなりに彫刻。
合体させるとこうです。
尻尾が決まるとなかなかいい感じ。

IMG_1543.jpg 
さらには背中に装着。
サイズ・ケレン味ともにばっちり決まったおかげで
見ごたえのある後姿に!

袖口もこの後ちょっと修正・・・
これでパーツの粘土作業は完了いたしました。

そして・・・・
IMG_1546.jpg 
サフに突入!
ボデーペンプラサフが結構残ってたので
これで全部塗れるかな・・・とか思いつつ、
足りなかったら別に買ってもいいなぁと・・・。

はいです。今回はここまで。
ここからのんびりサフ&表面処理です。

・・・が、次回。
正直どうなるか分かりません。
塗装までいけるかどうか、
表面処理回は省略しようかと考えています。
はたして次回、フィギュアは完成するのだろうか?
・・・それではまた!
                         
                                  
        

FR二周年記念!

category - ゲーム製作
2017/ 11/ 04
                 
2nd.jpg
今日は11月4日。
2年前にFRファンタスティックレインが
発売された日です。
今回はモンスターコンビにTOPを飾ってもらいました。
グスルカースとヨグ・ホロテ
2つの勢力は互いに交戦状態にあったものの
ある事件がきっかけで共闘するようになります。
「大いなる約束」・・・。
両種族にとっての悲願。
それは未だ果たされていないのです。

えー、FR2周年おめでと~パチパチ(自己拍手)

とか何とか言ってFRの続編はどうなるか分かりません。
それぐらい規制が入って自由に作れない状況です。
新作も2年とか言いつつこの調子だともっとかかりそうです。
とにかく規制が・・・!・゚・(つД`)・゚・

とにもかくにもFR、
愛されてるんだか愛されてないんだか分かりませんが
いまだに「英訳版作れー」と奔走してくださってる方がいたり、
6面のネタがちょくちょく引用されたり。
忘れられてない感じをちょくちょく感じます。
ですが、英訳も続編も困難。
ただただ申し訳なく思うのです。

新作もあと〈早くても)1年くらいかかりそうです。
しかし、FRのときと同じで制約がある中、
心をこめて作ってます。
そういった作りこそが皆様の心に残る作品作りに
なるのではないだろうかと。
そんなわけで同人サークル「あくすのページ」は
今日もまたがんばっているのでありました。
                         
                                  
        

胸のプレートとかなんかいろいろ

category - フォルモ2
2017/ 10/ 20
                 
ども。前回は飾り台の製作でした。
今回は細かなところと胸のプレートです。
次回作は 
昨日夜、悪魔と脳内会議してました。
その内容は「そろそろ今のが完成するので次の粘土は?」
といった内容でした。
ナコルル作りたかったんですがダメって言われました。
次々と候補を挙げても あれも違う、これも違う・・・
なんでも
「みんなが知ってて興味を引くもの」がいいらしいです。
それでリコだのナナチだの流行りものかと聞いたら
FRのレイラがいいという話にもっていかれました。
しかも可動モデル・・・・。
強度面や自作関節など課題が盛りだくさんで
やっぱり1年くらいかかるらしい。
最初はえ~って思ったんですが考えていくうちに
自分でも結構やる気になってきました。
というわけで次回作は「可動レイラさん」に決定!
と、まぁ決まったところで今の粘土フィギュア、
後数回で完成まで持っていきます。
でも多分1ヶ月更新なので気長にお付き合いください。;

それでは粘土とプラ板です。
今回も広告出ました。(つД`)ノ
IMG_1499.jpg 
スタートは前回は台座で粘土のほうは手付かずでした。
バランス的に怪しいところがあり、その修正かなぁと。

IMG_1501.jpg 
カフスコーン・・・キャラの衣服の袖口の名称です。
どうもこのパーツが「袖」として機能してなくて、
手首もプラモのパーツがくっついてるようにしか見えない。
そこで、
袖を5mm粘土で延長して手首と袖の接合部が
スッポリ隠れるようにしました。
今回はもう時間がなくて粘土は盛りっぱなし・・・・。
なので仕上げをせず乾燥を待つことと相成ります。

IMG_1502.jpg 
そして袖の長さチェック。
うん、手首が隠れて良い感じ。(* ´ ▽ ` *)
しかしこのバランスになんとなくデジャブが・・・

IMG_1507.jpg 
それはそうと前回できなかった作業、
台と足の裏の接続をやります。
まず足パーツを台の上に立たせ、
アウトラインを鉛筆で描きます。
そしてかかとくらいの位置、ちょっと土踏まずかな?
その辺に穴を開けました。
そしてアルミ線です。
一方は長いまま、もう一方はちょっと出るくらい
短いアルミ線をまず刺してもう一方の足の裏に傷をつけ、
その位置にドリルで穴を開けます。
その後アルミ線を程よい長さのものに交換し、
足パーツとアルミ線が上手く合ってるか、
足の裏は台の上まで降りるかをチェックします。
・・・今回はちょっと穴が曲がってて、
下まで降りませんでした。
なので片方のアルミ線を短く切るという方法で
何とか事なきを得ました。・・・ふぅ。

IMG_1514.jpg 
お次は胸のプレートです。
粘土では強度的に不安なのでプラ板で。
ちょうど良い大きさの円をコンパスで描き、
大雑把に切り出しました。
(サークルカッターとか持ってる人はそれなんかで)
このプレート、帽子の上部にある模様と同じです。
なので板のリボンが二つ出ます。
2枚重ねるので二つ切り出しました。

IMG_1516.jpg 
上に重ねる円のパーツはドーナツ状に。
デザインナイフで切り抜くのは大変危険です。
内側の円のさらに内側にピンバイスで穴を開け、
それをつなぐようにナイフでプツプツと切断します。

IMG_1518.jpg 
その後、地道にナイフで丸く整形。
重ねるとこんな感じになります。
下の板の円からはみ出た部分もナイフや板やすりで。
少しずつ、地味~に削るのが怪我をしないコツです。

IMG_1519.jpg 
で、二つのパーツを瞬着でくっつけたり、
中のPマークを切って入れたりするとこうなります。
ドーナツ型パーツの表面は斜めに削りました。
エンブレムっぽい感じに板ヤスリなどで・・・。
・・・うーん、
ちょっと円が曲がってて素朴な工作だけど
大きさと時間を考えると健闘したのではないかと。

IMG_1520.jpg 
そして本体との接続用に細い銅線を・・・
フィギュアも本当は胸なんかなかったんですが、
ついうっかり胸のふくらみを作ってしまい
本来の接続が出来そうになかったので、
ちょっと浮かせてぶら下げることにしました。
銅線を曲げプレートの上部に瞬着でがっちり固定。
ゼリー状でちょっと大げさなくらい盛ります。
そして時間をかけて完全硬化を待ちます。
(硬化スプレーを持ってる人はそれなんかでOK)
本体側にも0.9mmの穴を・・・
あけれれば良かったんですがその径を持ってません。
なので1.5mmで穴をあけました。
引っ掛けて飾って、気分によっては取り外したり・・・
プレイバリューということで。(;д;)

IMG_1523.jpg 
それでは装着!
ちょっとプレートは浮いたけどまずまず・・・・

・・・しかしこの佇まいというかこの服装・・・

園児だこれ。(´;ω;`)

うん、・・・まぁ嫌いじゃないです。
それにここまでパーツがそろうと不思議な満足感が。
園児がびしっとカトキ立ち。(若干バリ立ち)
うん、カッコイイ。カッコいいぞ。(*´∀`人 ♪

サイズはエナメル瓶がこのくらい。
1/144ガンプラよりちょっと大きい感じ。
しかしいつもの棚が満員で
テレビの前くらいしか置く場所ないかなぁと。

と、いうわけで今回はここまで!
袖口の仕上げや次回は後ろのリボンとか・・・
そしてサフ。もう吹けるかも。吹けるかな?
それではまた。