2017年08月

        

服の上着を作る。

category - フォルモ2
2017/ 08/ 20
                 
ども。前回は帽子でした。
今回は服の上着を作ります。
見なれたが 
ども。あくすです。
8月もあとわずか。ラストスパートです。
粘土造形も更新ぎりぎりでがんばってます。
造形の方は帽子がついて、かなり完成形に近づきました。
ただ、バランスが・・・。
頭が大きい=帽子も大きい と、言うことで
体全体のバランスが帽子のボリュームで
トップヘビーなものとなってしまいました。
しかし、しばらく部屋に飾ってると見慣れてくるもので、
変なのもそんなに気にならなくなってきました。
でもねぇ・・・
やっぱり写真に撮るとアンバランス。
後戻りも難しい段階なのですが・・・・。

では。粘土です。
IMG_1429.jpg 
スミマセン。今回も広告出ました。
ブログ広告が出るまで1ヶ月とか言っておきながら
実際は30日なんでしょうね。多分。
さて、
作業は前回終了時のこの状態からです。

IMG_1430.jpg 
まずは粘土で肩の部分だけ仮止めしていた腕を
ナイフでやんわりと取り外します。
スカートの表面とか腕のついた状態で作業してたので、
干渉する部分とかまだ仕上がってません。

IMG_1432.jpg 
粘土作業。
まずはスカートの横のでこぼこを埋めます。
次に上着となる部分にうっすらと粘土を盛ります。
〈腕パーツが付いてますが、これははめてるだけで、
上着の粘土が接合部に付かないようにしています。)

IMG_1433.jpg 
この上着にはフリル(?)が付きます。
なので、スパチュラ代わりの耳かきで造形・・・。
何で耳かきかって?
スパチュラなくしちゃったんですよ。( ノД`);

IMG_1434.jpg 
後ろも粘土のふちをあげたり下げたり・・・
波型にフリルの形を作っていきます。
少々荒くても大丈夫。
削るときに欠けてる部分が無ければ・・・・。
上手い人はスパチュラだけでほぼ形を作っちゃうんですが、
僕はそんなに上手くないので
何度か盛り削りして形を出す方法を取ります。

形が出来たらよく乾燥。3日ぐらい。

IMG_1437.jpg 
粘土が乾いたらサンドペーパーで慣らします。
表面の粗が大きいところはナイフで。
240番くらいと400番くらいのペーパーを併用して
フリルの波型を割らない様に
地味~に少しずつヤスっていきます。

IMG_1439.jpg 
左前から後ろ、そして右前まで。
だいたいペーパーをかけ終えました。
時間にして20分くらい。
そんなに難しい作業ではないです。

IMG_1440.jpg 
そして最後に表面を水でならします。
指で固い粘土の表面がちょっとヌルヌルになるくらい、
全体的に表面をなぜてまわります。
フリルの欠けなんかもこの段階でちょっと修正。
表面にちょっとしたエクボがあればそれも。
粘土をちょっとだけ盛ってならします。

腕パーツも肩の部分にちょっと粘土を。
きちんと本体と干渉しないように
腕を付けて確認。

それが済んだら乾燥させます。

IMG_1443.jpg 
表面が乾燥したので組んでみます。

側面やや上方から。
このパースだと気にならないけど
帽子がやっぱり大きいかなぁと。
すらりと細く作った足が
ちょっと貧弱に見えるんですよ・・・・

では正面から。

IMG_1445.jpg 
どうでしょうか?
やっぱり足が貧弱に・・・見えるかも。
カメラのパースも出来るだけ無くしたんですが・・・。

服のほうは上手くいってるみたいです。

うーむ、
ベレー帽って絵に描くときはほぼ後頭部にあって、
だまし絵みたいになってることが多いんですよ。;
設定段階では気にならなかったんですが、
実際にかぶらせると・・・うーん。(^^;
デザインのバランス変えたのがまずかったかなぁと。

ちなみに手首はまだこれから。
もうちょっと収まった形に、
帽子は・・・暗色に塗るはずなので
それで見え方が変わればラッキーです。
そして忘れちゃいけない胸のプレートも・・・。

と、いうわけで今回は以上。

次回は・・・胸のプレートや細かな部分の仕上げ、
ひょっとしたら飾り台に着手するかも。
(飾り台のことをすっかり忘れてました;)
それではまた!






            
スポンサーサイト