2016年05月

        

表面処理3 (地味に進みます。)

category - フォルモ
2016/ 05/ 30
                 
ども。前回はパテと綿棒でした。
今回はペーパーがけです。
来てくれ
余談。
どうも最近ナコルルが好きで困ります。
真夜中に急にナコグッズが欲しくなったり
禁断症状で部屋で一人悶絶したり。
ナコルルグッズというのも少ないもので
amazonで探しても当時のものがちょっとしかありません。
(ゲーメストの漫画とか買いました。一応。)
ネオジオは持ってるけど
夜中にレバーガチャガチャなんて出来なかったり。
サムスピ、ウインドウズ用で新作来てくれー!(無理)
ドット絵でナコルルがかわいいやつ~!(涙)

閑話休題。それでは作業です。
IMG_0979.jpg
今回も表面処理です。前回のパテが乾きました。
これにペーパーを当ててゆきます。

IMG_0980.jpg
400番。
すぐ目詰まりしますが根気よくかけます。
水を使うと多分サフを貫通して
下の粘土が溶けます。

しかしなんというかちっともはかどりません。
IMG_0981.jpg
そこでひとつ
ちょっと目が粗いんですが、一応400番のひとつ上、
320番を当ててパテをならしてみる事にしました。

すごいです。どんどん削れます。
320番はちょっと荒いのかもしれません。

IMG_0982.jpg
ペーパーが終わったらちょっと実験。
表面についた削り粉を
水でぬらしたタオルで拭いてみます。
結果、
案の定ペーパーでサフが削れて粘土が見えてたんですが、
軽く拭いただけならちょっと乾燥させたら大丈夫そうです。
(ただ、水につけてしまうのは大変危険です。)

拭き終わったらよく乾燥させます。

IMG_0983.jpg
そしてサフ。
塗装ブースは雨で汚くなっています。
でも新聞紙変えるのがめんどくさいのでこのまま・・・。
(変えればいいんですけどね。)
サフもそろそろ出なくなりそうです。
そこを無理やり使って吹いたんですが・・・
事態は驚くべき結果になるのでした。;

次回、サフに決着付けたいけど表面処理が終わらない!
それではまた。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

表面処理2 パテと綿棒

category - フォルモ
2016/ 05/ 23
                 
ども。前回から表面処理です。
今回は綿棒の事をちょっと。
ナコルル
綿棒は100均でも手軽にいっぱい買える
便利ツールです。
普通はこれでプラモのウェザリングや耳かきをするんですが、
実はパテ盛りにも使うと便利です。
今回は綿棒を使ったパテ盛りがバージョンアップしたので
それをご紹介したいと思います。

それではいってみましょう。
IMG_0975.jpg
まずはサフを吹いた後ペーパーを当てたフィギュアです。
このままでは傷がたくさんあるので
パテで埋めないといけません。
しかしパテを指を使って塗ったりすると手が汚れます。
そこで綿棒の出番です。
IMG_0976.jpg
まず、綿棒を一本取り出して
はさみで半分に切ります。
こうしておくことで綿棒を両側、
手を汚さずに使うことができます。

そしてふわふわな部分でパテをすくい取るんですが・・・・
IMG_0977.jpg
その前に!(ここからが新技術)
塗料皿に薄め液を少量入れ
そこに綿棒をつけます。

するとなんということでしょう!
綿棒ですくい取ったパテが滑らかに、
半ねりの溶きパテのように使えるではありませんか!

IMG_0978.jpg
綿棒に薄め液がしみこんでいるので、
パテが乾いてガビガビになることもないです。
それでも何度か使うと使いにくくなるので
そのときはもう一本の綿棒を使います。

手も汚れないしパテも楽々。
本当に便利!
ティッシュ
後片付けも簡単。
塗料皿に残った薄め液をティッシュでふき取り、
そのティッシュでパテのチューブの口を拭くだけです。

パテも綺麗に使えば全部使い切る前に
フタが閉まらなくなった、中身が固まった、
なんてことがなくなるかも。

とにかくコレ、我ながら大発見です。
皆さんもぜひやってみてください!

次回は表面処理3です。
何とかサフを終えることは出来るでしょうか?
それではまた!

                         
                                  
        

表面処理(フォルモ)その1

category - フォルモ
2016/ 05/ 16
                 
ども。前回は折れた足を直しサフに突入しました。
今回はペーパがけです。
ほう
どもども、あくすです。
最近イカ娘にはまってます。
ストーリーのほうはイカ娘に感情移入すると
散々ひどい目にあうので辛いんですが、
PIXIVに上がってる絵なんかを見ると
実に懐かしい雰囲気に浸れます。
「なんだみんなここにいたのか」的な。

それでは表面処理、行ってみましょう。
IMG_0967.jpg
まずはサフを何度か吹いた各パーツです。
紙粘土の粉やら繊維やらで毛羽立っています。
これをペーパーでならしていく訳です。

IMG_0968.jpg
アップにするとこんな感じです。
表面がざらざらしています。

IMG_0970.jpg
胴体もご覧のとおり。
ここに400番くらいのペーパーを当てて
表面を滑らかにしていきます。

IMG_0971.jpg
するとこんな感じになります。

ペーパーがけするパーツは
細かいものあり入り組んでいるものあり。
元がフォルモなのであまり力がかけられない箇所も・・・。
ペーパーがけでぽっきり折れては元も子もありません。
なので慎重に・・・・。

IMG_0972.jpg
大体ペーパーをかけ終わったので
ちょっと組んでみます。

まだちょっと粗がありますね。

そんなわけで・・・・
IMG_0973.jpg
全パーツをばらし、再びサフへ・・・

ところが今日はあいにくの雨。
塗装ブースは水浸しです。
なので続きは日を改めて。

次回は表面処理その2です。
それではまた!
                         
                                  
        

サフに入る

category - フォルモ
2016/ 05/ 09
                 
ども。前回は台座を作ったり脚が折れたりしました。
今回は足を直しサフに入ります。
自信
GWが終わりました。
何事もなく過ぎていったみたいです。
ちなみにFRはGW中に数本売れました。
新たなユーザーさんの下で無事動作することを祈りつつ、
もうちょっとHPとかで売る努力をすべきだったかなと
考えてみたり。
でもそういうアピールが苦手なあくすなのでありました。

それでは粘土、いってみましょう。
IMG_0961.jpg
前回折れてしまった足を粘土でくっつけました。
それが乾燥し、削ってもいい状態に。

この程度ならすぐにならせそうです。
IMG_0962.jpg
180番くらいの荒めのペーパーで
出っ張った継ぎ目を消し、
その後400番でならします。

ちょっと足がほっそりした気がしないでもないですが、
これでいいような気もします。
再び折れないように慎重に扱いながら
一度台座の上に立ててみることにしました。
IMG_0964.jpg
じゃん。
こんな感じです。

部屋が散らかってるのはご愛嬌。
ストーブがなくなって写真を撮るスペースを
形成できなくなったんですよ。
次回までにはもうちょっと片付ける予定です。
なのでご安心ください。

台の上に立ててみると途端にフィギュアらしく見えます。
頭がちょっと浮いてる気がしないでもないけど、
これはもうちょっと押し込むことが可能です。
足の裏のアルミ線もさほど気にならないみたいです。

・・・それではいよいよサフを・・・
IMG_0966.jpg
あいも変わらずベランダの一角でサフを吹きます。
まずは捨てサフから。
最初のサフは粘土にしみこませる感じで
適当に吹き、その後ペーパーを当てながら
徐々に仕上げのサフを吹いていきます。

表面処理がまた意外と時間がかかったり・・・。
しかしワンオフなので丁寧にしたいところです。

と、今回はここまで。

次回。表面処理です。
ペーパーを当てたりパテを盛ったりします。
それではまた!
                         
                                  
        

台座とか脚とか

category - フォルモ
2016/ 05/ 02
                 
ども。前回は台座を大体の形に。
今回はその仕上げと・・・・
るびー
えー、GWです。(^^
FRのバグが出ないか見守りながら
日々をすごしております。
休みだからといってお金もなく、
どこにも出かけられないんですが。
皆さんはどこかにお出かけしましたか?(めそめそ;)

では粘土いってみましょう。
IMG_0955.jpg
前回、ペーパーやナイフで四角くした台座です。
粘土が足りなくてそこを補うように
粘土を盛って乾燥させたものがこれです。

この状態からまた四角くします。
IMG_0956.jpg
やっぱりペーパーの上で
大根おろしのように削ります。

ここに来てもやっぱり欠けが・・・・
仕方ないので多めに削ってやりました(^^;
IMG_0957.jpg
荒削りが終わったら400番のペーパーで仕上げです。
ペーパーをかけ表面を滑らかに・・・。

最終的な仕上げはサフを吹いた後
800番くらいまでやろうと思います。
まぁ台座なのでそんなに凝らなくても・・・。

IMG_0958.jpg
フィギュアが台座に乗ったところが見たいと思い
足にアルミ棒を接続。
そのままアルミ線を曲げようとしたら
足がぼっきり逝きました(><

ご丁寧に粘土を足したであろう部分から
ナイフで切ったようにスパッと。
アルミ棒をはずしてから曲げるべきでした。
IMG_0959.jpg
仕方ないのでアルミ線で軸打ちして
足を接続することにしました。

接着剤は粘土と水。
瞬着でつけるとそこだけ堅くなって
ペーパーを当てたときに
削れ方の違いで跡が残るので
無難な選択だと思います。

IMG_0960.jpg
くっつける際、足首の角度を少し変えました。
斜めにつま先が開いてる感じです。
大丈夫かな?変じゃないかな?・・・;

・・・と、今回はここまで。

次回は各部修正とサフ・・・いけるかな?
それではまた!