2014年12月

        

椅子の作成

category - 紙粘土
2014/ 12/ 29
                 
今年最後の更新です。
クッションはあれから・・・・
IMG_0221.jpg
こうなりました。
表面処理がまだ途中なので少し粗が見えます。
それと、クッションのしわを彫るべきかどうかで
悩んでいます。
フィギュア本体の表面処理も
しないといけないのでそっちが終わったら
気分しだいでは彫ってもいいかなーと
思っています。

そして・・・・・
IMG_0220.jpg
まだ、ただの粘土の塊です。
これがあるものになります。

ヒント
・土台です。どっしりしています。
・そのままでも座れそうです。
・わりと自然な感じです。

さて、何でしょうか?
答え合わせは来年・・・ということで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年一年・・・じゃなかった半年ほど
このブログを観てくださってありがとうございました。
振り返れば何かと大変な1年でした。
来年もまた心機一転がんばっていこうと思います。


それではまた来年。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

クッションを作ってたんですが・・・

category - 紙粘土
2014/ 12/ 22
                 
残念です、今回は時間切れでした。
IMG_0214.jpg
上の写真の上側が前回です。
そこから粘土を盛って、椅子の上に敷くクッションの形に
整形していきます。
とはいえこのパーツ、結構肉厚があります。
ストーブで強制乾燥できるといっても限界があります。
いつも造形は月曜日になってから少しの時間作業するので
決定的に時間が足りませんでした。
残念です。
粘土も固いので削るのも一苦労しそうです。
IMG_0218.jpg
一応大まかなボリュームは盛ることが出来たので
フィギュアの下に敷いてみます
クッションのパーツとはいえ現実のクッションのように
やわらかくは無いので隙間の出来方が問題となりました。
今回はフィギュアの太ももを圧迫形状に変形させないつもりなので
クッションとは点と点で接触しています。
腕の位置がいまいちですが、大体これでよさそうです。

・・・次回。クッションを仕上げることと椅子の下部に着手すること
そんな感じでのんびり作ってゆきます。

ではまた。
                         
                                  
        

カフスとチョーカーをつける

category - 紙粘土
2014/ 12/ 15
                 
接続回線がWIMAX2+になって高速化しました。
けれど造形はいつもどおりスローペース。
今回はカフスとチョーカーです。
IMG_0211.jpg
紙粘土は水蒸気にさらされると
フニャフニャになるみたいで扱いにくくなってきました。
使い勝手はパテみたいなもんです。
それでも長期保存のために水分は欠かせないので
我慢して使います。

バニーガールといえばチョーカーとカフスをつけてるもんです。
なので腕のパーツにカフスを追加します。
フニャフニャベトベトの粘土をパーツに盛り付け乾燥。
上の写真の左側がそれです。
それをナイフで彫刻し整えたものが右です。
サイズはこのくらいだろうと思います。

ひどいコンディションの粘土ですが
固まると一応削れるし中身も詰まっているようです。
IMG_0213.jpg
そしてチョーカー。
作るときワイシャツの襟のような構造だろうと思ったんですが
合ってるかどうかはわかりません。(資料なし)
ここに蝶ネクタイがつきます。
ネクタイはフォルモという柔らかい石粉粘土で作ってます。
パーツが小さいため怪我防止の意味があります。

・・・今回はこんな感じです。
実は今、椅子も作ってます。
2枚目の写真のストーブの中に入ってる四角いものがそうです。
そんなわけで次回は椅子をやろうかなと思ってます。

それではまた。
                         
                                  
        

手首を彫る

category - 紙粘土
2014/ 12/ 08
                 
今回は手首です。
IMG_0207.jpg
ご存知の方は知っての通り
手が苦手です
描くのも彫るのも。
しかし彫らないわけにはいかないので彫りました。
まず、上の写真のように粘土を盛ります。
丸めた4本の指と親指が判別できる程度に。

そしてストーブで強制乾燥。
それが終わったらいよいよ彫ります。
IMG_0210.jpg
今回はとにかく「手に見えればよし」
ということで、バランス取りもそこそこに
指のディテールを彫ってみました。
「もうちょっと丁寧にやればいいのに・・・」と、言われそうですが。
なんとなくせかされてる気がしてだめです。

どうでしょうか?手になってるでしょうか?
・・・なんとなく変な感じもしますが、
一応出来ました。

出来たということにしておきます。

次回はカフスやらネクタイなんかを作る予定です。
椅子も作らないといけません。

本当に少しずつの進展ですが、
一応前進しつつ来週へ。
ではまた。
                         
                                  
        

細かいところをいろいろと

category - 紙粘土
2014/ 12/ 01
                 
今回はいろいろと微調整です。
まずは全体像から。
IMG_0204.jpg
こんな感じになりました。
結構ボリュームがある感じです。
手首はまだ彫ってません。
IMG_0202.jpg
作業中の写真です。
この季節はストーブによる強制乾燥が出来るのが強みです。
とはいえまだ暖かい日のほうが多いので
正直ちょっと暑いです。
乾燥が終わったら削りの作業なんですが・・・・。
IMG_0206.jpg
小さいパーツを鉛筆みたいに手に持って削ることが多いので
作業は慎重にやらないといけません。
デザインナイフは鋭いですから。

弱い力加減でちまちまと削っていきます。
本当に力が要るときはカッターマットの上でゴリゴリと削ります。


上の写真の説明。
前回ハイヒールの削る予定だった部分を削り、
かかとをつけてみました。
一応それらしくなってくれたみたいです。
左足のハイヒールは現在かかとをつけて乾燥中です。

・・・次の作業は手首の加工だなぁとか思いつつ
次回へ。 それではまた。