2014年07月

        

足が付いた

category - 紙粘土
2014/ 07/ 29
                 
IMG_0116.jpg
足をつけています。
ここまでくるとなんとなくガウォークっぽいです。
まだ足首がありません

IMG_0117.jpg
そこで足首に粘土を盛り付けます。
ひとつ前の段階で彫った足首の穴は
あんまり意味が無いことが判明。
・・・とにかく盛ったので乾燥です。

IMG_0123.jpg
乾燥した後整形して付けてみる。
支えも何もなしで立っています。
・・・でもちょっと不安定。
ガウォークの腕は若干後ろ気味に付くので
それでバランスが取れるはずです。

今回はここまで。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

近況報告-2014/7/27

category - ゲーム開発近況
2014/ 07/ 27
                 
sc3.jpg
近況報告です。

新しいマップを作ってます。
熱帯の植物が生えているけど、
やっぱり整備された庭に見えます。

中央のモンスターは「草」と言われている奴で
実際にここに出現するかはまだ未定です。

今マップをプレイできるようにイベントの仕込み中です。
                         
                                  
        

紙粘土、またちょっとすすむ・・・

category - 紙粘土
2014/ 07/ 23
                 

IMG_0106.jpg
あっちこっち削りました。
なんとなく歪んでで見えるのは実際に歪んでるからです。
ディバイダーを持っていればもうちょっと何とかなったんですけど。
昔持ってたやつはどこかに入り込んでしまいました。

IMG_0111.jpg
足です。
これもずいぶんアバウトにバランスをとっています。
紙粘土なのでそのくらいおおらかでもいいかな・・・と。

IMG_0113.jpg
ちょっと斜め前方から。
大きければ作りやすいかといえば、きっとそんなこと無いです。
しかしやっぱり紙粘土です。
作りながらあっちこっち欠けます。
やっぱりファンドのほうがいいですね。

     今回はここまで。
                         
                                  
        

紙粘土、ちょっとだけ進む。

category - 紙粘土
2014/ 07/ 20
                 
あんまり出来てないけど少しだけ進みました。
IMG_0101.jpg
裏側を作りこんでいます。
左側に見えるエアインテイクの上がごっそり欠けてるのは
例のパサパサ粘土で作ってた部分で
この後新しい粘土を盛りなおしました。

粘土はジップロックに入れて水を10滴ほど入れれば
良い状態で保存できます。
水を定期的に追加するのがポイント。

IMG_0104.jpg
前回作ってた前髪です。
こんな感じになりました。

ここで注意なんですけど、デザインナイフなどの刃物を使うときには
十分に注意しましょう。
主に削るのに力を加える場面で
「刃物の前に手を置いてないか」
「一度に削るのに無理は無いか」
と、自問自答してください。
でないと、あくすのようにナイフの先端でプスッとやるはめになります。

IMG_0105.jpg
足は若干細く削った後、粘土を足首に盛りました。
現在の予定では靴を履いてる状態にするつもりです。

 今日はこんな感じで。
                         
                                  
        

紙粘土、それから・・・

category - 紙粘土
2014/ 07/ 18
                 
紙粘土 前回の続きです。
IMG_0097.jpg
紙粘土を盛った部分を整えてみました。
モールドが甘いのは紙粘土なので仕方の無いところです。

IMG_0098.jpg
前方から。

まだ片方しか作ってません。
前回盛った紙粘土は保管状態が悪く
パサパサだったので削って捨てました。
今、新しい粘土の封を切っって盛り付けたところです。
乾燥待ち。

IMG_0099.jpg
フィギュアのほうは前髪を付けてみたりしてます。
一発で形を出せるほど器用ではないので
ここから盛ったり削ったりです。

     今回はこのくらいです。
                         
                                  
        

今、紙粘土で作ってるもの

category - 紙粘土
2014/ 07/ 15
                 
ゲーム開発の合間に紙粘土をこねてます。
IMG_0093.jpg
その1 「誰なのかわかんない子」

最初は小公女セーラに出てくるベッキーにしようと思ったんですが、
なんとなく決めかねて放置してました。
今、新たに粘土を盛って乾燥中です。

IMG_0094.jpg
その2 「これはあれです」

これも何かを作る片手間にのんびり作って放置していたもの。
ざっとデザインナイフで削ってみました。

IMG_0095.jpg
まだ作らないといけない部分があるので粘土を盛ります。
この季節は天日干しなんですが、なかなか乾きません。


以上、こんな感じです。
また少し進んだら報告します。
                         
                                  
        

ゲームにつけるBGMの値段とは・・・

category - ゲーム製作
2014/ 07/ 12
                 
nikki2.jpg

最近ゲームにつけるためのBGMを集めています。
市販のものではフリー素材の音楽というものが売られていて、
大体1000~2000円くらいで購入できます。
もっと安いものではタダというものも。

しかしそういった音楽ばかりではなく、
ゲーム固有の音楽というのも欲しいもの。
作曲屋さんに作曲してもらうといくらなのか調べてみました。

価格ははっきり言ってピンきりです。
うまい人に頼むと当然それなりにお金がかかります。
自分が「この人は上手い!」と思った人は
20000円からという価格を提示していました。

フリー素材の価格を考えると1曲2万は手が出ません。
これから作るゲームの売り上げだってそんなには無いと思っています。
曲を15曲頼んだら30万です。
そりゃあ曲の出来や作曲家さんの気持ちを考えると
ちょうどいいかちょっと安いくらいの価格なんですけどね。

納得できる音楽を手に入れるために2万払うか
それともフリー素材や自作の曲で頑張るか

皆さんだったらいくらまで払います?

                         
                                  
        

近況報告-2014/7/10

category - ゲーム開発近況
2014/ 07/ 10
                 
sckick.jpg
近況報告です。

回し蹴りが出せるようになりました。

画像はこれから蹴りを出そうとしているところです。
判定が強いので思う存分蹴りまわせます。

いまのところ報告できるのはこれくらいです。
                         
                                  
        

「ゲームを作ろう」はしばらくお休みします。

category - 日記
2014/ 07/ 08
                 
aisatu1.jpg
そういったわけですのでよろしくお願いします。

「ゲームを作り始めたきっかけ」から「ゲームを作ろう-16」まで
約11年間を振り返ってみました。
思えばゲーム開発にささげた11年です。
喜びと苦悩、忍耐の連続でした。
「ゲームを作ろう」はここでいったんお休みになりますが、
今後、日記や近況報告
さらには紙粘土を使った造形なんかを
取り上げていく予定です。
良かったら読んでやってください。
では。また次回お会いしましょう。
                         
                                  
        

ゲームを作ろう-16

category - ゲーム製作記
2014/ 07/ 08
                 
「敵キャラを描けるだけ描く の巻」


銃のグラフィックを表示できるようになり
ゲームが一段とFPSに近づきました。
次は敵キャラを追加で描く作業が待っています。

当時2種の敵がマップ上でうろついていました。
巨漢とトカゲです。
近接攻撃と遠距離攻撃で
案外バランスの取れたコンビでした。

次に来る敵は何だろうと考えた末
目に見える弾を撃ってくる敵はどうだろうということになりました。
イメージするならスペースハリアーの弾です。
アニメーションしながら近づいてきます。
そんな感じの弾を作ろうと思いました。

テストプログラムをざ大まかに組みテスト。
・・・なかなか上手く行きません
でもどうにかこうにかプログラムを完成させました。

出来たのは波動拳みたいな弾です。
とりあえずトカゲに弾を撃たせてみます。
ランダムに移動するトカゲから時折発射。
接近すると爆発してダメージ。

この弾を撃ってくる敵とはどんな奴だろうか。
・・・弾だし爆発するし・・・砲台かな?
というわけで浮遊する砲台に決めました。

そんなわけで作画が始まりました。
本当ならここで砲台キャラの作画の顛末を語るんですが、
今回は軽く済ませてキャラ紹介をしようと思います。
ゲーム製作3年目(3期)の終わりまでは敵キャラ作りが続きました。
kaihatu16wa1.jpg

○浮遊砲台
メカで出来ていて顔を逆さにしたようなコアが付いています。
このキャラから作画のときの主線処理の自動化が採用されました。
戦っていて「なんか堅いものがあった」という感じの奴です。
また、今現在唯一正式名称のあるキャラでもあります。

○巨漢2(殺し屋)
「殺し屋」というあだ名が付いているキャラです。
大きなハンドガンを持っていて時折発砲します。
連続で食らうと結構辛い。

○草
これも植物系なので「草」というあだ名が付いています。
飛び跳ねながら接近し噛み付きます。
倒したときマスコットっぽい敵なのに爆発するので倫理上どうなんだと悩んだ覚えがあります。

○カラス天狗
そのまんまカラス天狗です。弾を撃ってきます。
作るとき出来るだけ楽をして作ろうとしたのがいけなかったのか
見栄えが悪く、「ごちゃごちゃした鳥」にしか見えないという欠点があります。

○お化け
日本的な幽霊です。
もとはQ太郎みたいな幽霊だったのが悪魔のささやきでこうなりました。
いまだに幽霊とはいえ女の子に銃を向けるのはどうなんだと思ってます。

○オーク
割と人畜無害そうに見える敵です。
特徴は敵キャラ中唯一盾を持っていることです。
これが意外と手ごわい。

○カラス
簡単に済ませようとした敵キャラ第2弾。
またしてもカラスです。
荒野にはからすが似合うと思ったので作りました。
ちょっと羽の関節がおかしなことになってますが、モンスターなので特殊なのかもしれません。

○ロボ
パワードスーツなんですが、パイロットのサイズを間違えたため
ロボになってしまいました。でかくて威圧感があります。




・・・とまぁ作った敵キャラを紹介するとこんな感じです。
これまた結構時間がかかりました。
キャラ紹介は描いた順に並べてあります。
長く苦しい戦いでした。
昼はバイトでペンキ塗り、夜は夜でドット塗り状態でした。
kaihatu16wa2.jpg
夜なべをしながらコツコツと塗り進め、
どうにか数をそろえました。
ボスキャラがいないのでそこをどうするかが今後の課題です。
ひょっとしたらボスは出さないかも知れません。
そういうバランス調整も出来るんじゃないかと。

とにかく敵キャラを描いて3期が終わりました。
これから4期が始まります。
何が起こるかわかりません。
悪魔のささやきで早すぎるブログを始めてみたり
ストーリーがあいも変わらず進まなかったり

いろいろあるんでしょうが完成まであと1年くらいです。
気長に待っていてくれたらうれしいな、と思います。
では。

                  (しばらく期間をあけてからつづきます)